職業学科日誌

2019年6月の記事一覧

食品衛生~外部販売~


 食品衛生では、週に1回程度近隣の企業へ出向き、専門の授業で作ったパンの販売をしています。会社の昼休みの時間に合わせ、パンの製造、販売準備をします。また、カフェの通常営業もあるため、外部販売の日は通常の倍の量のパンを作ります。外部販売の日は時間との勝負です。3年生が中心となり手際よく作業を進めていきます。1,2年生も一つの作業が終わると「次、何をすれば良いですか」と声をかけ、協力して作業をすることができました。
 本日も無事に作業が終了し時間通り販売することができました。

2年生 数学

 本日,数学の授業のあったクラスから順次中間テストを返却しました。
 前回から,「重さ」の単元に入っています。重さの単位から復習していき,「長さ」同様に単位の変換と進めました。1 kg は 1000 g ということはすらすら答えることができている生徒は多かったですが,100 g は 0.1 kg というように,小さい単位から大きい単位(g → kg)の変換に戸惑う生徒は多かったです。
 今回は,「重さの感覚を養う」授業を行いました。ペットボトルに水を入れたものを用意し,実際に持ってみて重さを考えました。最初は見当違いの答えも多かったですが,徐々にだいたいの重さを答えることができる生徒もでてきました。最後に 2 L の水は 2 kg ということも学びました。その後,クラスをふたつに分け,一人ひとつ身近なものを持ち寄り,スケールに表示された数字を見ながら,チームで 1500 g を目指すゲームを行いました。和気あいあいとチームみんなで重さを考えていました。
   
 授業の最後に,「重さの感覚は長さの感覚と違って見当がつきにくい」と感想をもつ生徒もいました。食品衛生コースの生徒はパン作りの際に,100 g を計量するということを身近で行っているようです。次回も身近なものの重さを計量していきます。

食品衛生~製菓班~


 食品衛生の授業では、いくつかのグループに分けて1年生から3年生を混ぜた縦割り班で活動します。わからないことは先輩や仲間に聞いて活動しています。
製菓班では、カフェわかくさで提供しているケーキやワッフルを作っています。
 今日は、焼き菓子の注文があり、スコーンを40個納品しました。
スコーンが焼きあがってからも、袋詰め、シーラーで袋を閉じる、消費期限のシールを貼る、と製品にするまでいくつも工程があります。この工程も班の中で担当を決め、分担して作業していきます。わからないことは先輩に聞く、先輩も「こうした方がいいよ。」「この方が早くできるよ。」等声かけしながら作業をしていました。

職業学科農園芸メロン栽培

 職業学科農園芸の今年の目玉は、高級メロン栽培を始めました。
 工程を紹介します。
 学校の温室を整備しました。ブロックを敷いてネットを曲げて土台を作りました。
 給水ができるように配管を引きました。


肥料を混ぜて土入れをしました。苗を定植しました。

収獲予定は8月の予定です。メロンの種類は盛夏系マリアージュという、おしゃれな名前の赤肉メロンです。予約販売の予定です。よろしくお願いします。