職業学科日誌

2018年9月の記事一覧

文化祭に向けて


農園芸では文化祭に向けて土づくり、種まきをしました。

大根や人参、小松菜など秋冬物の野菜です。

順調に芽吹いた大根は今はこんな感じです。

白く大きくなることを願って、間引きや雑草抜きなど着実に行っています。

      

食品衛生の様子

本日はデュアルシステムでお世話になっている会社での販売活動を行ないました。
徒歩で3分の距離ですが衛生面等に配慮して車で運搬します。
商品を傷つけないように慎重に積み込みます。


いつも楽しみにしていただき今日も完売することができました。
いつもありがとうございます。

食品衛生

2学期に入り、1~3年生が入り混じって班ごとに活動が始まりました。
1年生が、先輩に教えてもらいながら、どんどん上手になっている姿が見られます。
2,3年生、頼りにされてます!

メンテナンス作業

2学期に入りメンテナンスコースではグラウンドの整備や駐車場の除草作業等に取り組んでいます。
本日の作業では、来週から体育で行う「Tボール」のためのグラウンド作りを行いました。
・除草作業
・へこんでいる地面に土を入れ、整地する作業
・メジャーを使って塁間を測り、ポイントマーカーを打ち込む作業

以上の作業の役割分担を行い、それぞれが考えながら作業を行うことができました。
無事立派な野球グラウンドが3面完成しました!
 

1年生 現場実習激励会

1年生は、いよいよ来月から現場実習が始まります。自分の目標を発表し、また同級生の目標を聴き、現場実習への気持ちを高めるために、激励会を行いました。

 
 最初に進路指導部の教員から、実習の準備についてのお話がありました。メモをとったり、マーカーを引いたり真剣に聞いていました。

 
 1列に並んだ後、一人ずつ行く場所や目標を発表しました。初めてのクラスだったので、緊張しつつもしっかりと発表できました。

 本日は一クラスのみでしたが、全3回に渡って全クラスの発表を行っていきます。来月からの実習、頑張りましょう!

一日韓国体験


 

 9月10日、外国語の授業の一環として、「一日韓国体験」を行いました。埼玉韓国教育院の先生が来校し、韓国の衣服、食べ物、遊び、高校生活についてお話ししてくださいました。各学年、50分ずつです。

 一番盛り上がったのは、チマチョゴリなどの韓服の試着体験です。「きれい」「かわいい」といった声が聞かれました。サッカーのリフティングのようなチェギチャギという遊びも教えてもらいました。

 終わりに、皆で「カムサハムニダ」とお礼を言って、終了しました。

2学年「総合的な学習の時間」

今日の総合的な学習の時間は、災害時の対応について学びました。9月は「防災の日」があるため学習内容はあらかじめ決まっていましたが、今日の午前3時頃、北海道で大きな地震があったということもあり、緊張感を持って学習を行いました。

ほとんどの生徒がニュースを見て地震のことを知っていただけに、それぞれが感想などを言い合ってなかなかおしゃべりが止まりません。しかし、内閣府の首都直下型地震に関する啓発ビデオが始まると、皆、真剣に観ていました。

明日、朝8時に地震が起きたらどうするか、午後5時だったらどうするか、日曜のお昼に家で一人でいるときだったら、現場実習に行った帰りだったらと、様々な場面を想定して対応の仕方を考えました。
また、一人で家から避難するときに家族とどのように連絡を取るか、家を出る前にしなければならないことは何かなどについても繰り返し確認をしました。

今後も災害時の対応について折あるごとに学び、「災害時の備え」についての知識を増やしていこうと思います。

1学年「総合」

茶どころ入間にある入間わかくさ高等特別支援学校では、「茶道」についての学習を行なっています。
本日は「マナー・作法」について学習をしました。

 まずは楽な座り方についてです。
 両足の親指を交差させて台を作りそこにお尻を乗せると
 ひざの負担が減ります。
 両足の親指の交差を入れ替えるとしびれることなく
 長時間座れるとのことでした。


 お茶をいただく前は「お手前ちょうだいいたします」
 いただいた後は  「結構なお手前でした」
 等の挨拶をします。
 いただくときは2回お茶碗をまわし、正面をずらすことも
 覚えました。


その他にも、畳の縁をふまない・口をつけたところを指で拭く・その指を懐紙の端で拭くなど、全体のマナーを学びました。
次回からは実践に移ります。