職業学科日誌

2017年6月の記事一覧

ベーカリー茶々より  新製品の紹介


水曜日の食品衛生コースでは「パイナップルとみかんのスイートブール」を作っています。



パン生地にパイナップルの甘煮を包みカップに入れて
みかんの香りいっぱいの生地をかけて焼き上げました。
数に限りはございますがカフェで出会えたときには是非ご賞味ください。

メンテナンス校外清掃(豊岡小)

 本日、メンテナンスの2年生は、同じ入間市内にある豊岡小学校の清掃に行ってきました。清掃の依頼をされた場所は廊下です。この廊下にポリッシャーをかけ、ワックスを塗る作業を行いました。広い範囲でしたが、それぞれが自分の仕事に集中し、キレイにすることができました。
  

 豊岡小学校の掃除の時間には、小学生と一緒に花壇の除草作業を行いました。また、控室として使用させていただいた会議室もキレイにしました。
 
 今後もメンテナンスでは校外に出ての清掃活動を積極的に行っていきます。

プール掃除

 入間わかくさのプールにはろ過システム等が完備されていますが
 屋外プールのため、プールの底に砂がたまってしまうことがあります。
 そのようなときには、お掃除ロボットが床をきれいにしてくれます。
 呼び名が「お掃除ロボ」ですが、頻繁にお世話になっているので
 そろそろ愛称をつけたいと思っています。生徒と一緒に考えて
 いきたいと思います。
 本日は雨だったのでプールでの活動は行なえませんでしたが
  明日は職業学科の活動があります。快晴の中きれいになった
               プールで活動ができるようにテルテル坊主を作ってみます。

鉄道部 ジオラマ製作③


鉄道部のジオラマ製作は地形作りへ入っています!

紙粘土や発砲スチロールを使用して、それぞれ事前に調べておいた情景を参考に、イメージを膨らませながら製作しています。
どう作るか考えることには時間がかかりますが、決まってしまうと生徒もグッとスピードをあげて黙々と取り組む様子が見られます。

秩父の芝桜やゴルフコース、海の上のトンネルなど、生徒一人一人の個性が光った作品ができあがる予定です。

  

1年英語


 
How many を使って、数をたずねる練習をしています。

映像を見ながら、地下鉄の車両の数、帽子の鋲(stud)の数などを話し合いました。
絵を見ながらさらに練習を重ねました。「つくし」をhorsetailと言ったり、balloonは「風船」の意味だったり、「気球」のことだったり、いろいろな発見がありました。

2年生コックコートを着用!

生産技術科食品衛生コースでは、
先日、採寸した2年生のコックコート一式が届きました。

コックコート、コックズボン、コック帽、サロン、
少し照れながらも嬉しそうに着て、
「似合っているね」等、お互いを見て声を掛け合っていました。



初コックコート記念の集合写真を撮った後、
それぞれの分担に分かれました。
コックコートをまとい黙々と取り組む姿は、
まさにパン職人です!

本日のベーカリー茶々

本日のベーカリー茶々は、普通科の給食に出されるテーブルロールパン250コの製パンを行いました。

2年生は、給食に間に合うように、出来立てのパンを提供できるように、すばやく丸めを行っていました。

  
(左:丸めを行う前、中・右:丸めの様子)

  
(左:出来立てのパン、中:袋詰め、右:給食室への納品前のパンたち)


(普通科へ納品するクッキー)

クッキー作りと袋詰めは、2年生がやりました。

1年生は、職員室販売の製パンをし、それぞれ分担をして作業をやりました。

  
(左:真剣な表情で取り組んでいました。中:オーブンから天板を出す様子、右:バーガーバンズの袋詰め)


(パンラックにさしています)

テニス部

テニス部は、軟式テニスボールが来たこともあり、ようやく軟式テニス部らしい活動ができるようになってきました。
また、球出しをしてもらい、狙いを定めて打ってみたり、部員同士でフォームを確認しあったりするようになりました。
  
(左:球出しの様子、中:球拾いをしながら見る風景、右:ラリーの様子)

1年生 カフェデビュー

 
 本日、初めて1年生がカフェにデビューしました!
ホールに2人入り、先輩と一緒に掃除などの準備をした後、お水とおしぼりを出す
係を担当しました。本番のお客様にお出しする時は、とても緊張した面持ちででし      
たが、落ち着いてできました。お客様には、「初々しくて、好感度がありますね」と 及第点をいただきました。
  
 
 
    

『一貫張り』に初挑戦


 1年生は、今月末に予定されている被服検定に向けて日々練習に励んでいるところですが、今週から「一貫張り」にも取り組み始めました。初めての一貫張りは、和紙の大きさや形を1枚1枚そろえてちぎることや空気が入らないように張り付けたりすることが難しく、苦戦しながらの製作になりました。

       

 ペースは人それぞれでしたが、友だち同士で協力し合うなど、全員が時間内に貼り終えることができました。この後、柿渋を3度重ねて塗り、完成となります。