職業学科日誌

2016年8月の記事一覧

バスケ交流大会の結果(女子)


昨日(18日)深谷はばたき特別支援学校でバスケ交流大会が行われました。
職業学科女子バスケットボール部は2勝1敗で女子Aブロック4位という結果でした。
初戦は緊張もあってかシュートがなかなか決まらず、相手のペースに飲まれてしまいました。しかし、その後の試合は少しずつ自分たちのプレーができるようになり、2連勝することができました。

今回の交流大会のなかで生徒たちはたくさんの経験を積み、また多くの課題を見つけることができました。2月の本大会に向け、よかったところは更に伸ばし、課題点は改善していくことができるような練習をしていきます。

バスケ交流大会の結果(男子)

本日深谷はばたき特別支援学校でバスケ交流大会が行われました。
職業学科(男子)は1分2敗という結果でした。
今回も5人という交代が出来ない状況で部員たちも必死にプレーしましたがやはり交代なしで1試合を通してプレーする体力がありませんでした。
本大会は2月にあります。それまで走りこみや地道なトレーニングをして走ることと、気持ちで負けないチームにしたいと思います。

バスケ部合同練習の様子

 
本日は、18日(木)の特体連交流大会に向けて普通科のバスケ部と合同練習をしました。
職業学科は人数が少ないので普通科の練習に混ぜてもらう形となりました。
普段は職業学科の1年生だけで練習を行っており生徒から「走ってばっかり」と言われていましたが今日はもっと走りました。
“走る”ということが大切だということに気づくことができました。
練習後普通科の教員から、技術で負けても、気持ちで負けないこと、走り負けないことが大切と教わりました。
明日はお互いに頑張りましょう。

埼玉県立芸術総合高校合唱部と合同練習

8月5日の狭山経済高校合唱部との合同練習に続いて、8月9日に埼玉県立芸術総合高校合唱部と合同練習を行いました。芸術総合高校は、美術科、音楽科、映像芸術科、舞台芸術科の4つの専門学科がある芸術専門の高校で、合唱部は主に音楽科で声楽を専門に学んでいる生徒ですが、中には舞台芸術科の生徒もおり、学科の枠を超えた部員で構成されています。歌を専門に学んでいる合唱部の歌を聴いて、入間わかくさの生徒たちは圧倒されながらも感動していました。
一緒に発声練習をしたり、コンクールで歌う「夏の日の贈りもの」を合同で歌ったりして、たくさんのアドバイスをいただきました。芸術総合高校も埼玉県合唱コンクールに出場するので、お互いに切磋琢磨し、今日の合同練習を機会に気持ちを切り替えて練習していきます。

  

 

埼玉県立狭山経済高校合唱部と合同練習 朝日新聞社取材

夏休みに入り、音楽部はほぼ毎日練習に励んでいます。
8月5日には、本校の開校記念式典で合唱を披露してくれた狭山経済高校合唱部と合同練習を行いました。入間わかくさの生徒は、初めての他校との合同練習にとても緊張していましたが、レクリエーションをして交流を深めていくうちに段々声も出てきました。
練習は、男子女子に分かれてコンクールで歌う「夏の日の贈りもの」を練習しました。息の吸い方や発声方法など、狭山経済高校の先輩方からアドバイスもいただき、成長できた一日でした。
その後、朝日新聞社が来て取材を受けました。なんと埼玉県合唱コンクールでは、支援学校としては初出場らしく、どんな意気込みでコンクールに臨むのか、練習はどのようにしているのかなどの質問に答えました。掲載日は、コンクール前のどこかに掲載されるようなので、掲載日時が決まり次第ご報告いたします。