入間わかくさの日々(行事等)

2018年2月の記事一覧

第23回特体連バスケットボール大会


26日(大会1日目)、214日(大会2日目))に第23回特体連バスケットボール大会に普通科球技部の生徒が出場しました。

 

大会1日目は、埼玉県記念総合体育館で男女チームゲームの1回戦、個人競技の本戦が行われました。最初に出番がきたのは個人競技の生徒で、ドリブル競争・シュート競争・パス競争の3種目があり、タイムや回数を競う競技です。ドリブル競争で出場した3名が優勝、3位、5位で全員入賞。パス競争で1名が7位入賞。計4名全員が3年生であり、日ごろの成果を発揮して入賞することができました。

 

男子チームゲームは、シードを獲得したため午後の2回戦からという難しい試合でしたが、チームで走り切り1110という接戦を制し、2日目に繋げることができました。

 

女子チームゲームも午後から試合で、優勝校と緊迫したゲーム展開で、リード奪う時間帯もありましたが、ラスト8秒で逆転を許し惜しくも初戦敗退となってしまいました。

 

 

 

大会2日目に進んだ男子チームゲームは、熊谷スポーツ文化公園体育館にて、準々勝、対本庄戦を迎えました。優勝校の壁は高く425での敗戦。。。しかし、わかくさの選手は試合終了のブザーが鳴るまで決して諦めることなく走り続けました。

 

ここで、今年のわかくさ普通科球技部での特体連全大会が終わりました。

 

たくさんのサポート、ご声援ありがとうございました。

球技部の皆さんお疲れ様でした。また来年度も優勝目指してともに頑張りましょう!!!

 

 

~宣伝~

225日(日)男子、3月4日(日)女子がふれあいピックの1回戦に出場します。

特体連での悔しさを晴らし、今年度の集大成となる戦いを見せたいと思います。ぜひ応援に足を運んでいただけるとありがたいです。


    


     


          


0