職業学科日誌

本日の職業学科

わかくさスポーツフェスティバル(スポーツ体験会)

先日、職業学科ではオリンピック・パラリンピック推進の一環としてパラスポーツ選手やスポーツ指導者を「体育」の授業にお呼びしてスポーツ体験会を行いました。

 

参加していただいたコーチの方々

 

左から

塩家 吹雪コーチ

(リオパラリンピック日本代表コーチ・NPO法人SRC代表)

門脇 大悟コーチ

(跳躍選手・日本ID陸上 三段跳び 優勝 本校卒業生)

渡辺 譲二コーチ

(短距離選手・WPA北京グランプリ 400m 銀メダル)

酒井 園実コーチ

(跳躍選手・アジアパラリンピック 走り幅跳び 銅メダル)

 

あいにくの悪天候で雪の舞う中の体験会でしたが、世界レベルのトップアスリートとスポーツを通じて交流し、「トップアスリートってすごい」という声や「とても親しみやすくて、身近に感じました」という感想が寄せられました。短い時間でしたが、職業学科の生徒にとって、とても良い刺激になったと思います。

 

 

 

アスリートの皆さん、今後のご活躍を応援しています!

 

ブランド『nisai』デザイナー松田直己さんによる講演

「障害者の生涯を通じた多様な学び推進事業」の取り組みとして、

ブランド「nisai」のデザイナー、松田直己さんを服飾デザインコースにお招きし、ご講演いただきました。

 

講演テーマは、

「専門学歴なし、独学でファッションを仕事にする方法」。

 

「本当に心から感動する出来事に出会わなければ、素晴らしい作品は生み出せない」という理念のもと、恋愛をテーマに、手作りで1点ものの作品を作り続けている松田さん。

 

生徒たちは、熱のこもった松田さんのお話を聞き、そして1点1点に想いの込められた服の写真や実物を見て、着て、楽しんでいました。

  

 

 

講演後、生徒からは

「今まで着た事のない服が着れて楽しかったです」

「デザイナーになるきっかけが『恋』と分かった時は意外でした」

「まず、感動できる程の何かに出会ってみたいです」

といった感想が寄せられました。

 

心がはずむ、刺激的な1日となりました。

 

 

職業学科~球技大会~

職業学科の球技大会を行いました。

わかくさの球技大会は「ドッジボール」、「サッカー」、「ボッチャ」の3種目です。

天候にも恵まれ、どの生徒も一生懸命取り組み思う存分球技を楽しむことができました。

 

  ~~結果~~           

総合優勝「流通1年生」                サッカー   優勝「流通1年」

準優勝 「流通3年生」    ドッジボール優勝「流通1年」 

第三位 「生産1年生」    ボッチャ  優勝「流通3年」

       開会式             サッカー 

 

     ドッジボール           ボッチャ

               表彰式

3年生社会体験学習 ~東武動物公園~

12月18日(金)に3年生社会体験学習として、「東武動物公園」へ行ってきました。

平日ということもあり、とてもスムーズに園内を散策することができました。

園内の動物をみて

「初めて見たホワイトタイガーかっこよかった!」「ミーアキャットがかわいい」等の声が聞こえました。

また、併設されている遊園地では

「ジェットコースターに4回乗った!」「お化け屋敷が怖かった。。。」等の感想が聞こえ、楽しく安全に1日を過ごすことができました。
「ホワイトタイガー」名物「ホワイトタイガーまん」   「ホワイトタイガー」     名物「ホワイトタイガーまん」

 

  「ヒグマの森」         「ふれあい動物の森」

 

 

 

 

 

 

ジェットコースター「カワセミ」

 

新型コロナウイルスの影響で外出自粛をしていた生徒にとって、良い気分転換と思い出作りになったと思います。

3年生と共に学校生活を過ごせる日も少なくなってきました。

寂しい気持ちもありますが、勉強や運動にも一生懸命取り組み、残りの学校生活を存分に楽しみましょう。

メンテナンスコース 校外清掃

 12月14日(月)、メンテナンスコース2・3年生12名で埼玉県立入間向陽高等学校にて、清掃活動を行いました。

 食堂の床清掃では黒ずみ汚れがなかなか落ちず、大変でしたが、ポリッシャーを上手く使用して落とすことができました。また、ワックスがけでは塗りムラが無いように生徒同士で声を掛けながら行うことができました。

 作業範囲が広く、全ての作業をやり終えられるか心配でしたが、生徒の協力と頑張りで最後までやり切ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年度第2回英検で2名合格

2020年度第2回実用英語技能検定が、本校を準会場として行われ、結果が発表されました。

今回は、新コロナウイルス感染の影響で、受験の申し込みは4人でした。

 合格者2名

 準2級:1名

  5級:1名 

という結果となりました。準2級は本校生徒としては、2人目になります。

次回は、令和3年1月23日(土)に、1次試験が予定されています。

試験を受ける生徒は、今から準備を始めましょう。

キング・フレスコカップ2020 職業学科サッカー部

11月14日(土曜日)

岩鼻運動公園東松山サッカー場にてキング・フレスコカップ2020に出場しました。

今シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で今大会がサッカー部にとって初試合でした。

また、今年からサッカー部に入部した生徒にとっても初試合でした。

 

 

試合結果は三戦全勝で優勝することができました。

わかくさ得意のサイド攻撃が上手く機能しました。また守備陣も三試合を通して二失点の堅守を見せてくれました。

 

 

              (大会結果)

 

 

12月にはふれあいピックサッカー大会があります。大会連覇に向けて日々の練習に取り組んでいきます。

 

たくさんのご声援ありがとうございました。

体育祭、実施!!

 10月27日、10月29日、11月5日に分かれて、各学年ごとの体育祭を行いました。

例年に比べて小規模の開催とはなったものの、3つの団体を結成したり、団のオリジナルTシャツを作ったりと、今までとは形を変えて行いました。

 また、初めてTシャツをデザインして思い出に残ったのではないでしょうか?

どの団も一生懸命取り組み、優勝目指して活動していました。

 

1学年優勝・・・赤団  

2学年優勝・・・赤団

3学年優勝・・・青団

     

 

3年生総合・道徳 外部講師による講演会

 10月27日(火)、職業学科3年生総合・道徳の時間に東洋大学より講師の先生をお招きして講演会を行いました。

 「日本で生活している難民」というテーマでお話しいただきました。

 なぜもともと住んでいた国から避難してきたの?

 日本にも難民の人々が生活しているんだ!!

 なぜ難民を助けるの?

などについて映像も交えながらお話しいただきました。

 

今まで考えたことのないテーマでしたが、生徒たちそれぞれに感じたり考えたりしていました。

 

マレーシア国家公務員ファラさんの授業

10月27日(火)

 マレーシアから留学中のファラさんが、JICAの紹介により来校し、授業を行いました。ファラさんは、マレーシアの国家公務員です。現在、日本政府とマレーシア政府双方から留学費用を受けて、政策研究大学院大学に留学中です。  

  お話しの中で、ファラさんが強調したのは、「マレーシアが他民族国家であること、文化や宗教が違う他民族の人達がうまくつきあい、国家としてまとまるために必要なのは、一つの行事を協力して行う」、ということでした。そのためにマレーシアの学校では、文化の違う行事でも協力して行っています。本日はマレー系、中国系、インド系、サラワク州の先住民族のお祭りを紹介してくださいました。

 ファラさんの訴えたかったことは、「相手の文化や宗教を知り、違いを受け入れることで、相手を理解し、世界をより良いものにすることができます」とのことです。だからアンテナを張って、いろいろな文化について学習していきたいですね。

まるひろ文化祭 展示中【書道部・美術部】

 

現在、丸広百貨店(入間店)4階催場にて『まるひろ文化祭』が開催中です。近隣の高校の文化部が集まり、思い思いの作品を展示しています。

本校からは書道部・美術部が参加しています。部活動が再開してから2週間と限られた時間の中で、工夫しながら制作しました。

会期終了まであと1日です。お近くにお越しの際にはぜひご覧ください。

 

メンテナンスコース 校外清掃

 10月19日(月)、メンテナンスコース2・3年生9名で埼玉県立豊岡高等学校にて清掃活動を行いました。

 研修室の清掃では机やイスを丁寧に運び出し、ポリッシャーとワックスがけをしました。生徒同士で声を掛け合って、取り組み、光沢ある床に仕上げることができました。日頃の成果を十分に発揮することができました。

 廊下の清掃もポリッシャーとワックスがけをしました。終わりの時間が迫る中でも、丁寧にやりきることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ インドネシア ベトナムでの生活

 

9月8日(火)

職業学科2-A, 2-Dの外国語のクラスに、9月から実習助手として来ていただいている吉永亜衣先生をお招きしました。先生は日本語教師としてタイ、インドネシア、ベトナムに滞在し、その生活について話してくださいました。

中でも生徒達の目を引いたのは、イスラム文化の国インドネシア。朝晩5回のお祈り、断食、女性の服装など日本とは全く違う写真を見ることができました。1ヶ月続くという断食については「そんなことできない!!」と驚き、夕方5時から朝5時までは食べられると説明され、安心しました。

吉永先生は、年度内はずっと学校にいて下さる予定なので、これからもいろいろ話をしてみてください。楽しい話を聞くことができるでしょう。

 

 

 

服飾デザインコース「手提げバッグ」

生産技術科の服飾デザインコースでは、

様々な製品を製造しています。

その1つの手提げバッグは近隣の幼稚園・保育園に納品します。

2年生は手提げバッグの製造が初めてなので、

各工程を3年生に教わりながら作業しています。

規格通りの製品ができるよう互いに協力して進めていました。

 

オーストラリア出身のヴィクター先生

  

7月21日(火)・22日(水)

狭山経済高校のALT(外国語アシスタントの先生)が来校し、2,3年生のクラス計6クラスで授業をしていただきました。お名前はヴィクター・ファーガスン、オーストラリア出身の先生です。

ある3年のクラスでは、仕事の選び方についてヴィクターの経験を聞きました。高校時代・大学・大学院時代を振り返り、どのように仕事を選んだのか、仕事を選ぶ上で何を大切にしたらいいか、という話です。生徒達が仕事を決める上でとても参考になりました。

別のクラスでは、オーストラリアはどんな国なのか学びました。面白いことに、日本が夏の時はオーストラリアは冬!!です。クリスマスは暑い時期で、サンタクロースがビーチに現れたりします。ヴィクターが見せてくれたサーフィンをするサンタクロースの絵は、大好評でした。

入間わかくさ高等特別支援学校では、近隣の学校のALTに来ていただき、主に国の文化についてお話していただいています。生徒の皆さんは、楽しみながら世界に目を向けることができます。外国語科では、このような機会をできるだけ多く作っていく予定です。

どうか楽しみにしていてください。

 

 

アルゼンチン出身のマリエン先生が1年生の3クラスへ

 

7月21日火曜日、埼玉県教育局県立学校部高校教育指導課の国際交流員 スミヒロ シセラ マリエン先生が来校し、1年生の外国語の3クラス(1D 1C 1F)で授業を行いました。去年に引き続き2度目の来校です。

マリエン先生はアルゼンチン出身で、日系三世の方です。家族の写真を見せていただくと、家族がお互いを本当に大切にしていることが感じられました。日本語学校で日本語を教えていた話、バーベキュー、回し飲みのお茶の作法等、日本とはかなり違うことが分かりました。

音楽についても、タンゴ、フォルクローレを映像で見ることができました。タンゴはやはり、セクシー....。スポーツはサッカーが人気があり、お酒はアルゼンチンワインが有名です。

その他、アルゼンチンの観光地の写真を見ることができました。南北に長い国土なので、北部と南部では気候や風土が違います。印象的だったのは、海の生物:クジラ、シャチ、ペンギン、そして氷の塊:氷河でした。なんてダイナミックな自然!

最後に、スペイン語を教えていただきました。新しい言葉を覚えるのはドキドキしますね。生徒達は、あっという間に自己紹介文を覚えてしまいました。こんな風に興味を持って言葉に取り組むと、楽しいですね。

1年生の皆さん、入間わかくさで新たな出会いができましたか?

アメリカ出身のクリス先生が1年生の3クラスへ

7月16日木曜日、埼玉県教育局県立学校部高校教育指導課の国際交流員 クリストファー・クレイゴ先生が来校し、1年生の外国語の3クラス(1B 1E 1A)で授業を行いました。 去年に続き2度目の来校です。

先生の親しみやすく流暢な日本語は、すぐに場の緊張感を吹き飛ばし、生徒達は自然に授業に引き込まれていきました。

まず、クリスのふるさとの町の人口は?というクイズで始まりました。なんと、400人の小さな町だそうです。家族の結びつき、教会の結びつきがとても強いのが印象的でした。その他食べ物、音楽、自然等、たくさんの美しい写真が目を引きました。

日本での生活についても、話してくださいました。日本語を学ぶきっかけは、日本のゲームでした。ゲームをするために、日本語を勉強しはじめましたが、日本語そのものを面白いと思うようになりました。現在、日本人よりもきれいな日本語を話していますが、「空気を読む」ことは難しいそうです。

1年生にとって、初めての国際交流の機会でした。アメリカ人の口から分かりやすい日本語が流れてきて、生徒達は少なからずカルチャーショックを受けたかもしれません。これからも、多くの人と会い、楽しみながら世界に触れていきましょう。

 

 

3色の・・・

皆さんこんにちは。元気にお過ごしでしょうか。

 

ニュースで報道されている通り、全都道府県での緊急事態宣言が解除され、日常が戻りつつあります。

皆さんが待ちに待った学校もようやく再開されようとしています。友達に会えること、友達と遊ぶことなどそんな当たり前だったことがうれしく感じられるのではないでしょうか。

ただ、油断することなく、引き続き手洗い、うがいをしたり不要不急の外出を控えたりしてコロナの対策をしましょう。

 

さて、今日はわかくさの畑で栽培しているこちらの野菜を紹介します。

みなさんもご存じのとおり トマト です。

 

わかくさの畑では、赤、黄、緑の3色のトマトを栽培しています。

トマトには、健康を守る効果が期待される成分のリコピンや抗酸化作用が高いとされるβカロテン、ビタミンC,Eが多く含まれるなど栄養価が高い野菜です。

 

3色のトマトの違いや他の野菜に興味ある方はわかくさでぜひ食べてみてください。

 

それでは皆さんの登校をお待ちしています。

野菜の成長おそるべし・・・

皆さん、こんにちは。元気にお過ごしでしょうか?

 

ニュースでも報道されているとおり、多くの都道府県で緊急事態宣言が解除されてきている一方、東京、埼玉、神奈川、千葉では依然として解除されていません。

あと少しの我慢がコロナの終息につながり、早期の学校再開にもつながっていきます。みなさんが心を一つにしてコロナに打ち勝ちましょう。

 

さて、今週もわかくさの畑で成長を続ける野菜について紹介をしていきます。

今週の野菜は、スーパーではあまり見かけない・・・

        

『万願寺とうがらし』です。食べたことがある人はあまりいないのではないでしょうか。

万願寺とうがらしは、京野菜の一つでとうがらしの仲間とされていますが、辛みはなく肉厚で食べやすいのが特徴となっています。

 

興味のある人はわかくさでぜひ食べてみてください。

 

皆さんの登校を楽しみに待っています。

 

 

白いきゅうり・・・!?

皆さん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

現在の状況は新聞やニュースでの報道でも知っていると思いますが、各県での感染者は徐々に減ってはいます。

6月からの学校を再開させるためには、5月中の終息が必須です。

もしここで「自分だけ」という気持ちで10人が100人が1000人がと行動してしまっては、今までの我慢が無駄になってしまいます。やはり命が大事です。

気を緩めることなく、皆さんで協力し困難を乗り越えて行きましょう。

 

さて、本校では、6月からの学校再開に向けて、各専門コースでそれぞれ準備が進んでいます。

本日は農園芸コースで珍しい野菜が収穫できたので紹介します。その野菜とは・・・

”白い”きゅうりです。初めて見た人も多いのではないでしょうか?

「そんなに白くないじゃん。」と思った人もいると思います。

形は普通のきゅうりと同じです。味は・・・どうでしょう??

興味のある人はわかくさでぜひ食べてみて下さい。

 

その他にもヤーコンやネギの定植を行いました。

 

畑の方はさらに忙しくなり、猫の手も借りたいほどです。

皆さんの登校を楽しみにしています。

 

 

 

わかくさ畑の紹介!!

皆さん、こんにちは。

元気にお過ごしでしょうか?

生徒の皆さんがいない学校は静かで寂しいです。友達と会えないことや好きなことを思う存分できないことは退屈かもしれませんが、今は「我慢」の時です。

不要不急の外出を控え、体調管理をして過ごしてください。

また、元気な姿で会えることを楽しみにしています。

 

さて、生徒の皆さんがいない学校でも野菜たちはすくすくと育っています。

最近では夏日を記録されることもあり、野菜の成長はとても早いです。

ここで、農園芸コースで育てている野菜を紹介します。臨時休業期間が終了し授業が再開され、いつ生徒の皆さんが登校しても大丈夫なように畑の準備は万端です。

 

きゅうり(珍しい品種で白いです。) ナス

 

白ナス(中がとろとろです。)

じゃがいも

問題です。これは何の野菜でしょう?

英検 準2級を含め8名合格! 

1月25日(土)本校を準会場として、2019年度第3回実用英語技能検定が行われました。今回は5級から準2級までの受験申込があり、5級と4級はこの筆記試験のみで合否が決まりました。3級と準2級の1次試験の合格者は2月21日(日)に居住地近くの会場で2次の面接試験を受けました。全体で本年度第3回の英検では、8名の生徒が見事合格を果たしました。

 

    準2級 1名(2年)    

     3級 1名(2年)   

     4級 2名(2年)    

                5級 4名(1年1名 2年3名) 以上

 

まだまだ上の級を受けても合格しそうな勢いのある生徒もいます。また、今回は受けなかったものの、勉強すれば合格に手が届く生徒もたくさんいます。

昨年10月に行われた第2回英検から校内で受験できるようになりました。前回も今回も10名以上の生徒が受験していて、職業学科生のチャレンジ精神を発揮しています。次回の英検は5月30日(土)の予定です。事前に校内で申し込みを受け付けますので是非挑戦してください!

 

 

外部連携授業

2月21日(金)に農園芸コース2年生が飯能市立飯能西中学校へ出張して農作業の手伝いを行ってきました。

作業内容が畑の開墾ということで2年生は初めての体験でした。草がたくさんあったり、土が硬かったりと苦労しなが

らも3時間作業に取り組み、畑の開墾をすることができました。

 

 

 

 

韓国とカナダのステキな関係

 

 

 

 

 

2月25日(火)入間市で「英語と韓国語教室」を主宰している宿輪裕美さんと入間市国際交流協会の方が来校しました。韓国とカナダについての授業が行われました。

韓国の位置・服装・食べ物・言葉について、学びました。

カナダはナイアガラの滝とメープルシロップが有名です。英語教室のビジネスパートナーのニールさんが住んでいるところです。

宿輪さんはニールさんの夢について話してくださいました。ニールさんの夢は「日本で英語教師になること」でした。でも、彼は目が見えなくて、子供たちの安全を保障できずに諦めていたそうです。宿輪さんはそれを聞いた時、一緒に夢をかなえようと思ったそうです。クリスマスが近かったので、二人でクリスマスパーティーを企画しました。多くの子供たちが来てくれました。2年前入間市でのことでした。ニールさんは現在、インターネットを使って、入間市の子供たちに英語を教えています。

「だから」と宿輪さんは言います。「やってみたいことがあったら、『これがやりたい』と声に出してみて! そうすれば、それを聞いて、助けてくれる人が出てくるかもしれません。」と。生徒達に、力強いメッセージでした。

 

 

 

ALTのヴィクター先生

 

 

 

 

 

 

2月18日ALTのヴィクター先生が来校しました。職業学科と普通科で授業を行う予定です。

職業学科は各クラス1回ずつ来てくださいます。

生徒はまず、英語で自己紹介。

ヴィクター先生は、1人1人の話をよく聞き、優しく穏やかな語り口で生徒達に語り掛けます。

次に、出身地のオーストリアのこと、自分の学生時代のこと、趣味等、

多彩なスライドを使って教えてくれました。

ほとんどすべてクイズ形式で、ヴィクター先生が聞いてくるので、生徒達も大いそがし。

コアラやエミューは知っているけれど、ハリモグラは知らなかったな。

ベジマイトって何でしょう? 1時間でオーストラリア通になりました。

 

 

食品衛生

 本日の食品衛生の授業では、総菜パン、菓子パンの他に食パンの試作を行いました。

通常の生地とは別に食パン用の生地をこねて作っていきます。時間内に作らなければならないので時間との勝負です。

「後何分で分割を始めます」「後何分で成形を始めます」等3年生のリーダーが全体に声をかけながら、全員で協力して作っていきます。今日も時間通り焼き上げる事ができました。練習を重ねて、カフェで販売できるよう頑張っていきます。

3年生の専門の授業も残すところ数回となりました。1、2年生に3年間学んできたことを伝えて卒業していってほしいです。

           

        山型食パン     2年生が試作したパンダ饅頭

国際交流7

1月14日(火)ベトナム人のファム・ゴック・ビンさんが来校しました。ビンさんは、2年生のある生徒が実習先:フコク物産株式会社でお世話になった方です。会社からご理解をいただき、来校が実現しました。職業学科の2年4クラスが参加しました。

ビンさんは、日本の文化や風景に小さい頃から憧れていて、大学卒業後に来日し日本企業に就職したそうです。日本のアニメも見ていたそうです。ポケモン、ドラえもん、ちびまる子ちゃんといった言葉を聞いて、生徒達はどんどん質問をはじめました。

ビンさんがひとこと言う度に生徒が質問し、プレゼンテーションというよりも生徒との対話が進んでいきました。ベトナムのお正月「テト」の習慣や、現地の食べ物について話が弾みました。

このように、自然に初対面の外国の方と話ができるのは、生徒達がこの一年国際交流の経験をつんできたからかもしれません。

国際交流発表会

  

本年度4月から、本校では外国に背景をもつ多くの方に来校いただき、生徒達と国際交流をしてきました。12月現在、のべ人数は9人です。各クラスほぼ1回ずつ、講師の先生をお迎えしています。12月20日(金)、職業学科で「国際交流発表会」を行いました。各クラスごとの交流を皆で共有するためです。

プログラム
1.アルゼンチン 2.アメリカ合衆国(ノースカロライナ州)
3.ロシア    4.香港
5.ギニア    6.韓国
7.アメリカ合衆国(オレゴン州) 
8.国連UNHCR協会
9.イギリス

生徒は、国際交流で感じたことを模造紙にまとめ、口頭でも発表を行いました。各クラスの発表を聞いていると、講師の先生方の言ったことを、生徒達はよく覚えており、それに対して一つ一つ反応し、発表していました。他の生徒達も、よく聞いていました。

国際交流8難民について学ぶ

 

11月28日(木)
今回は国連UNHCR協会から来校いただき、「難民について」学習しました。3-A,3-B合同の授業となりました。

難民とは何か、というところから始まり、栄養失調に苦しむ子供たちの腕の細さを「命のメジャー」を作って体験しました。

生徒達は、全くおしゃべりもなく真剣に講師の言葉に耳を傾けていました。命のメジャーは、自分達の腕と栄養の足りていない子供たちの腕の違いを感じさせました。

世界の問題を自分の問題として、体感する機会となりました。

2019年度 第2回実用英語技能検定 表彰



12月6日(金)
マラソン大会の表彰式後、実用英語技能検定の表彰も行われました。
合格した級と人数は以下の通りです。

 5級 4人
 4級 1人
 3級 1人 計 6人

このうちの1人は2つの級を一度に受験し合格しているので、実際の人数は5人です。

受験した生徒は、英語を勉強する喜びを感じたり、合格することで自信を持ち、英語に限らず次の一歩を踏み出せるようになっています。

今後もチャレンジしていきましょう。

第4回 マラソン大会 in航空記念公園


12月6日(金)航空記念公園にて、第4回マラソン大会が行われました。
天候にも恵まれ、男女ともに10kmと長いですが、これまで保健体育の授業等で練習してきた成果を存分に発揮することができました。

結果
 男子10kmの部      女子10kmの部
1位 37分51秒     1位 49分15秒(新記録)
2位 41分35秒     2位 53分23秒
3位 42分08秒     3位 53分44秒
4位 42分09秒     4位 54分17秒
5位 42分14秒     5位 57分34秒
6位 43分18秒     6位 57分36秒
7位 43分39秒     7位 59分11秒
8位 43分40秒     8位 1時間01分53秒
   
沿道からのご声援、ありがとうございました。

職業学科引き渡し訓練

12月3日(火)に、職業学科全学年で引き渡し訓練を実施しました。
初めての訓練でしたが、生徒は落ち着いて、指示をしっかり聞きながら、取り組むことができました。

保護者の皆様、御協力ありがとうございました。

令和元年度彩の国ふれあいピックサッカー大会

12月1日(日)入間わかくさ高等特別支援学校にて、
令和元年度彩の国ふれあいピックサッカー大会が開催されました。


今大会の成績は、3戦全勝で見事優勝することができました。

VS FC埼玉 4-0
VS 埼玉県立三郷特別支援学校 1-0
VS FCASSIST 1-0

どの試合も厳しい展開でしたが、全試合無失点で勝ち切ることができました!!
今季初優勝で生徒たちにもたくさんの笑顔が見られました。

たくさんのご声援ありがとうございました。

国際交流7

11月26日(火)アメリカ人講師来校
オレゴン州出身で、日本に何十年も住んでいる講師をお招きしました。
 
オレゴン州の話を聞きました。
暖流が近くを流れているので、日本の北海道より暖かいようです。

講師の方が生まれたときのBaby book (母子手帳)を持ってきていただきました。お母さまの愛情をたくさん感じることができました。
大切に保存してあったようで、とてもきれいでした。

優しい語り口で、生徒達に話しかけていただき、生徒も素直に
自分の考えを述べることができました。

国際交流5

11月5日(火)イギリス人講師来校
 
イギリスの学校のシステムについて、お話を聞きました。
夏休みは2か月、宿題なし! 生徒からは「いいなあ」の声。

11月20日(水)韓国人講師来校
 
コマ回しをしたり、韓服の試着をしました。
体験を通して、韓国を感じることができました。

第25回特別支援学校サッカー大会


11月26日(火)埼玉スタジアム2002にて、第25回特別支援学校サッカー大会が開催されました。

入間わかくさ高等特別支援学校は前回大会の優勝校になります。
連覇を目指して今大会に臨みましたが、初戦のさいたま桜高等学園に0-3で敗れてしまいました。

練習してきたサイド攻撃や、コーナーキックで得点のチャンスを作り出すことができましたが、得点につなげることができませんでした。今回の大会で、課題がたくさん見つかりました。これからの練習につなげていきます。

また、12月1日(日)には本校にて、令和元年度彩の国ふれあいピックサッカー大会が開催されます。優勝目指して頑張ります。

たくさんのご声援ありがとうございました。

さいたま桜高等学園さん、第25回特別支援学校サッカー大会優勝おめでとうございます。

職業学科 食品衛生コース

職業学科の食品衛生コースでは、
緑明祭に向けての準備が本格化してきました。

今日は、
緑明祭の日に本校カフェわかくさで販売する焼菓子の準備をしました。

写真は大量のスコーンの生地をこねて成型するところです。
  

緑明祭では、
スコーンや塩バニラクッキーなどの焼菓子、
チーズタルトやガトーショコラなどのケーキを、
1階カフェわかくさで販売いたします。
ぜひ、ご賞味ください。

職業学科2年修学旅行⑪

おはようございます。
最終日です。
昨日より雲が多く風が少しありますが、活動には問題ないと思います。
ここまで順調に日程が進んでいます。


朝食会場と朝の散歩です。
みんな元気です。


この後、海遊館に向かいます。

職業学科2年修学旅行①

職業学科2年生は本日から2泊3日で京都、大阪へ修学旅行に行ってきます。
5分前集合完了です。
参加生徒全員が集まり、みんな旅への期待が膨らんでいるようです。
出発式後、新幹線乗場に向かいます。

第5回レッドキングサッカー交流戦

10月5日 (土) 

埼玉県立深谷はばたき特別支援学校にて、第5回レッドキングサッカー交流戦が行われました。

職業学科サッカー部は男子8人制の試合に参加させていただきました。

成績は2勝1分けでした。

久しぶりの試合ということもあり、試合中にはたくさんの笑顔が見られました。

次は特体連サッカー大会です。優勝目指して頑張りましょう。




たくさんのご声援ありがとうございました。

10/2 テレビ会議を行いました!

 羽生ふじ高等学園、さいたま桜高等学園、そして本校の3校で、生徒によるテレビ会議を行いました。11月に羽生ふじ高等学園で行われる生活体験発表会に向けて係を決めるため、生徒会の役員同士で話し合いをしました。とても緊張しているようでしたが、話し合いの目的は達成され、笑顔で終えることができました。話し合いの中では、生活体験発表会では、より交流を深めたいという声があがって、今後の3校での交流に期待がふくらみました。
←この機器を使用しました。

卒業生による進路講演会

本日、昨年度卒業した4人をお招きして進路講演会を行いました。
実際に社会に出た卒業生たちの貴重な話を聞くことができました。

卒業生たちも緊張していたようですが、
「あいさつが大事だと思いました」
「辛いことを選ぶ時があってもいいのではないか」
「卒業すると部活がなくなるので、楽しい思い出をたくさん作ってください」のように、働くために大切なことや今やっておかないと後悔することなどを話してくれました。

生徒たちは、静かに話を聞き、プリントにメモを取っていました。
また質疑応答では、仕事のことや休みの日の過ごし方など多くの質問が出ました。

   

講師として来てくださった卒業生の皆さんありがとうございました。
これからの活躍を応援しています。

第2回サッカー交流会


9月21日(土)

本校にて、東京成徳大学深谷高等学校さんと第2回目のサッカー交流会を行いました。

今回の交流会では、日頃できない練習や、最後には混合チームで8対8の試合を行いました。


また、2回目の交流会ということもあり、生徒同士の会話が多く見られました。

今回の経験を活かして、特体連サッカー大会の優勝を目指して頑張りましょう。
     

   

成徳深谷高校のみなさんありがとうございました。

社会体験学習ALIT


  

9月19日(木)職業学科1年生は、社会体験学習で入間市博物館ALITへ行ってきました。

暑さが心配されていましたが、さわやかに晴れ、気持ちよく歩いていきました。博物館では、お茶と入間市についてビデオで学びました。「お茶の正しいいれかたを初めて知った!」、という生徒が多数いました。

科学館の部屋では科学を応用した実験ました。入間市縄文時代からの歴史、お茶についての展示を見学しました。ひげ受けのついた大きなティーカップや、お茶を大切に保管するティーキャディーに生徒の視線は集まりました。

地域のことを知るのは、意義のあることだと感じられる訪問でした。

職業学科 体験入学 ②


第3回 職業学科 体験入学が8月26日(月)に行われ、多くの中学生の
みなさんが、本校での授業を体験してくれました。

体験した中学生のみなさんや保護者の方々からは、「参加する前は、どんなことするのか不安でしたが、やってみてよかったです」「本校に入学したときのイメージがつかめました。」など体験の感想が寄せらました。

    

参加なさってくれた皆さん、本当にありがとうございました。

2019年職業学科体験入学


  令和元年7月22日、30日の2日間、職業学科の体験入学が行われました。
 本校に興味のある県内の中学生が、1日希望の専門コースに入り、ナンを作ったり、抹茶入れ体験をしたり、清掃体験をしたり様々な活動をしました。

    

 参加後は皆さん「楽しかった」「参考になった」などの感想が寄せられました。体験入学は8月26日(月)にも行われますので、ご参加ご希望の方は本校ホームページ上にあります、申込フォームよりお申し込みください。

※なお、コースによっては定員に達している場合がありますのでご了承ください。

国際交流プロジェクト

 

7月16日(火)の国際交流プロジェクトでは、
ロシアのモスクワ出身の講師をお招きしました。

国土が日本の面積の45倍のロシア。
同じ国の中でも時差があり、それぞれの地方で
食文化もいろいろであることを学びました。

ロシアで有名な野菜、「ビーツ」のジュースで染めた紙に書いたという
書作品も披露していただきました。

質問や雑談のやり取りを通して、生徒から
「もっと知りたい、聞きたい!」
の気持ちがたくさん湧いてきました。

職業学科 1年 宿泊学習



 7月11日(木)から12日(金)にかけて職業学科1年生が
 小川元気プラザにて宿泊学習を行いました。

 ウォークラリーや、キャンドルファイヤー、野外炊飯など
 みんなで協力し合い親交を深め、楽しい宿泊学習になったようです。


2年生 国語


今学期、2年生の国語では「相手にわかりやすく伝える」ための学習を行っています。
今日は、昔話『かちかち山』の模擬裁判を通して理由を示す練習をしました。

    
相手になるほど!と思わせるような意見を出すため、グループ内で作戦会議をしました。裁判が進むうち、「言われればそうかもしれない」「○○だったらどうするの?」など納得したり、反論する場面が多くあり盛り上がりました。それぞれ異なる考えを聞きながら、一つの答え(判決)を出すことは簡単ではなかったと思います。しかし、メモを一生懸命とったり、発表で詰まった生徒のフォローをするなど意欲的に取り組むことができました。

2年生 数学 1学期期末テスト

 職業学科2年生の数学の授業で,1学期期末テストを行いました。今回のテスト範囲は,「重さ」,「日々の宿題」,「春休みの宿題」でした。
  
 来週授業のあるクラスから順次返却していきます。これまでは計算などの代数の分野を中心に授業を行ってきましたが,次は多角形の名前から復習していき,幾何の分野に入っていきます。
 今年も夏休みの宿題を出す予定です。1日1ページ頑張りましょう。

職業学科2年社会体験学習

6月28日(金)、職業学科2年生は社会体験学習へ行ってきました。

天気が心配されましたが、雨に降られることなく一日を過ごすことができました。

朝の集合は、秋の修学旅行の予習も兼ねて東京駅動輪広場です。
バッチリ予定通り!という生徒、少し迷ってしまったという生徒もいましたが、無事に集合することができました。

科学技術館では、体験を通して楽しみながら科学について学ぶことができました。



科学技術館の次は浅草へ。

班ごとに事前学習で調べたスポットへ向かいました。

食品衛生~外部販売~


 食品衛生では、週に1回程度近隣の企業へ出向き、専門の授業で作ったパンの販売をしています。会社の昼休みの時間に合わせ、パンの製造、販売準備をします。また、カフェの通常営業もあるため、外部販売の日は通常の倍の量のパンを作ります。外部販売の日は時間との勝負です。3年生が中心となり手際よく作業を進めていきます。1,2年生も一つの作業が終わると「次、何をすれば良いですか」と声をかけ、協力して作業をすることができました。
 本日も無事に作業が終了し時間通り販売することができました。

2年生 数学

 本日,数学の授業のあったクラスから順次中間テストを返却しました。
 前回から,「重さ」の単元に入っています。重さの単位から復習していき,「長さ」同様に単位の変換と進めました。1 kg は 1000 g ということはすらすら答えることができている生徒は多かったですが,100 g は 0.1 kg というように,小さい単位から大きい単位(g → kg)の変換に戸惑う生徒は多かったです。
 今回は,「重さの感覚を養う」授業を行いました。ペットボトルに水を入れたものを用意し,実際に持ってみて重さを考えました。最初は見当違いの答えも多かったですが,徐々にだいたいの重さを答えることができる生徒もでてきました。最後に 2 L の水は 2 kg ということも学びました。その後,クラスをふたつに分け,一人ひとつ身近なものを持ち寄り,スケールに表示された数字を見ながら,チームで 1500 g を目指すゲームを行いました。和気あいあいとチームみんなで重さを考えていました。
   
 授業の最後に,「重さの感覚は長さの感覚と違って見当がつきにくい」と感想をもつ生徒もいました。食品衛生コースの生徒はパン作りの際に,100 g を計量するということを身近で行っているようです。次回も身近なものの重さを計量していきます。

食品衛生~製菓班~


 食品衛生の授業では、いくつかのグループに分けて1年生から3年生を混ぜた縦割り班で活動します。わからないことは先輩や仲間に聞いて活動しています。
製菓班では、カフェわかくさで提供しているケーキやワッフルを作っています。
 今日は、焼き菓子の注文があり、スコーンを40個納品しました。
スコーンが焼きあがってからも、袋詰め、シーラーで袋を閉じる、消費期限のシールを貼る、と製品にするまでいくつも工程があります。この工程も班の中で担当を決め、分担して作業していきます。わからないことは先輩に聞く、先輩も「こうした方がいいよ。」「この方が早くできるよ。」等声かけしながら作業をしていました。

職業学科農園芸メロン栽培

 職業学科農園芸の今年の目玉は、高級メロン栽培を始めました。
 工程を紹介します。
 学校の温室を整備しました。ブロックを敷いてネットを曲げて土台を作りました。
 給水ができるように配管を引きました。


肥料を混ぜて土入れをしました。苗を定植しました。

収獲予定は8月の予定です。メロンの種類は盛夏系マリアージュという、おしゃれな名前の赤肉メロンです。予約販売の予定です。よろしくお願いします。

2年生 数学 1学期中間テスト

 本日の2年生数学の授業では中間テストを行いました。今回のテスト範囲は「長さ」,「春休みの宿題」です。1年生のときは20分間でしたが,2年生では30分間で試験問題を増やしました。

  

 返却が待ち遠しいですね。来週からは「重さ」の単元に入っていく予定です。

職業学科農園芸

あけぼの保育園の畑にサツマイモの苗を600本定植しました。
カラユタカ300本、紫娘150本、ハロウィーンスウィート150本です。
1年生がもみ殻の肥料をていねいにまいた後に、


3年生が耕運機で畝を作りました。耕運機の作業も慣れたものでまっすぐにできています。


2年生がマルチをチームワークよく、手際よくはりました。

1年生がサツマイモの苗を定植しました。
まっすぐ植えると、サツマイモの数は少ないのですが、大きいサツマイモがでます。
横に植えると、サツマイモの大きさは、小さいのですが数はたくさん収獲できます。
今回は、その中間の斜めに、サツマイモの苗を定植しました。学年が役割分担を果たして、午前中に定植作業を終えることができました。

彩の国ふれあいピック春季大会(卓球)

 昨日(5月19日(日)),職業学科卓球部の2年生2名が,くまがやドームで行われた「彩の国ふれあいピック春季大会(卓球)」の知的障がいの部(女子),知的障がい(少年)の部(男子)に出場しました。

 どちらも午前中の予選リーグを突破し,決勝トーナメントに進出しました。午後の決勝トーナメントでは,どちらも準決勝で敗れてしまいましたが,2人とも健闘しました。

  

 大会独特の緊張感にも,大会を重ねるごとに慣れてきているようです。短い練習時間ですが,今回見つかった課題を意識し,練習に励んでもらいたいです。

あけぼの保育園との交流

職業学科生産技術科コース農園芸、1年B組の活動を紹介します。
5月15日水曜日、本校と同じ入間市小谷田にある、あけぼの保育園との交流を行いました。
あけぼの保育園の隣にある、100坪くらいの畑に、今年は600本のサツマイモの苗を植えて、秋には芋ほりができるようにします。イモの種類は甘くておいしいあんのうイモです。おいしくできるように、今回は、畑の全面に肥料を散布しました。
次に、トウモロコシの種も園児と一緒にまく体験をしました。園児は、小さい手に大切にトウモロコシの種を持っていて、お兄さんやお姉さんぶりを発揮して、種まきのお手伝いができました。その後も園庭で一緒に園児と遊び交流を深めました。
 

職業学科 流通コース

流通コースでは、本年度も引き続き、入間看護専門学校で就業体験をさせていただいています。
1学期は流通コースの2年生が訪問させていただき、事務作業や施設整備をしてきます。

本日は印刷機を使ったコピーや学校案内の紙折り作業をしてきました。
日々の授業内容を活かし、校外でも丁寧な作業を心掛けて作業をすることができました。



 

2年生 数学

 職業学科2年生の数学では,「長さ」の単元を学習しています。身の回りにあるものの長さをものさしや巻尺ではかることから復習し,長さの単位の変換,長さの推定,地図の縮尺と進めています。
 長さの単位の変換では,2 km は 2000 m とすらすら答えることができる生徒が多いです。しかし,1.5 km は 1500 m ということや,800 m は 0.8 km というように,小数が出てくると単位変換に戸惑う生徒が多かったです。習得するまでにはまだまだ練習が必要なようです。
 今回の数学の授業では,ものさしを用いずにだいたいの長はかる感覚を養う練習をしました。自分の両手を広げた長さ,親指と人差し指を広げた長さなどを自分で把握し,身の回りのものの長さを予測しました。
    
 日常生活のあらゆる場面で今日学習した,長さの感覚をいかしていってもらいたいです。

職業学科 食品衛生コース

新しいメンバーとなり、1か月がたちました。

1年生は、A・B・C組で、週に1回ずつ取り組んでいます。
先輩の話を聞きながら、一生懸命活動している様子が見られます。

2年生は、コースを選択し、週に3回、専門で学んでいます。
先輩からより深く学びながら、責任をもって取り組んでいます。

3年生は引き続き、週に3回、パンやお菓子作りに取り組んでいます。
先輩としての自覚をもって、丁寧に教えたり、仕切ったりしています。

食品衛生コースで作ったパンは、カフェわかくさにて、販売しております。
ぜひお買い求めください。

職業学科1年生

1年生の授業が徐々に始まってきています。

1限は、専門教科のオリエンテーションで、
各コースの先輩たちが1年生に対して説明を行いました。

2限~4限は、
生産技術科と流通・サービス科のそれぞれ3つのコースを体験しました。
   
  

5限は、部活動紹介。
先輩たちが各部活をステージ上で紹介しました。
   

6限は、学年のレクレーション。
1年生全員でドッジボールを行ない
とても盛り上がり、交流を深めることができました。
 

音楽部スプリングコンサート 無事終了しました

3月24日に本校研修室にて、「埼玉県立入間わかくさ高等特別支援学校音楽部スプリングコンサートin2019」が終了しました。
当日は、約80人のお客様にご来場いただき、好評のうちに幕を閉じました。
  
  (演奏の様子1)      (演奏の様子2)    (沢山の来場者の方)
この1年積み上げてきたものをすべて披露した演奏会でした。
3年生は卒業式の後だったので、練習に来たとき「卒業した気がしない」と言っていました。
朝からリハーサルをし、最終チェックが終わって昼休みになるとそわそわし始めたり、用意した座席がほとんど埋まっていく様子に驚いたりする生徒がいました。
生徒がそんな驚きや緊張など、貴重な体験ができたのもご来場くださったお客様のおかげです。
ありがとうございました。
演奏が終わった後は、お客様を見送りました。「親戚や家族が見に来てくれた」「友だちが来てくれた」など、部員も喜んでいました。

(お見送りの様子)
また、アンケートにもご協力いただき、たくさんのあたたかいお言葉を頂戴いたしました。
これを生かして、また来年度もたくさんの経験を重ねていきます。
本当にありがとうございました。

音楽部スプリングコンサート公共交通機関について

いよいよ3月24日(日)の音楽部スプリングコンサートが近づいてきました。

西武バスの時刻が改正されましたので、ご確認の上ご来場ください。

 

西武バス時刻表リンク先↓

https://transfer.navitime.biz/seibubus-dia/pc/diagram/BusDiagram?orvCode=00112183&course=0001901016&stopNo=1&date=2019-03-16

 

11時、12時、13時台のバスは「二本木地蔵行」「三井アウトレットパーク行」共に、わかくさ最寄りバス停の「人事院研修所」は通過します。

「二本木地蔵行」のバスにお乗りの方は、「東金子」バス停で下車し、徒歩でご来場ください。
「三井アウトレットパーク行」のバスにお乗りの方は、終点まで行き、徒歩でご来場ください。

今年度最後の音楽部の集大成をぜひご覧ください。

職業学科3年生より目録の贈呈

3月14日(木)職業学科3年生より、3年間過ごした学校へ目録の贈呈がありました。

内容はテント1張です。

在校生の皆さん、文化祭や体育祭などでぜひ使ってくださいね!

開校から常に先頭に立ってわかくさを引っ張ってきてくれた職業学科第1期生もまもなく卒業です。

卒業式練習を重ね、卒業生らしい立派な姿になりました。

同時に、「本当に卒業してしまうんだ。」、「友達に会えなくなるのは寂しいな。」、「4月からの新生活、ドキドキするなあ。」・・・

生徒それぞれ卒業するという実感が湧いてきているようです。

わかくさでの学校生活も残すところあと2日です。

服飾 3年生から後輩へ


3年生は今日が最後の専門教科の授業でした。
この3年間をふりかえり、後輩に伝えたいことをひとりずつ話してもらいました。
「苦手だと思っていたことが実は得意分野だと気づくこともあるから、やってみると
いいと思います。」「これからも良い製品を作ってください!」など、たくさんの
メッセージが送られました。最後まで立派な3年生でした。
    
2年生からは色紙をプレゼントしました。
先輩たちがつくりあげてきた服飾デザインコースをさらに良くしていこうと感じた1日でした。

1年生 数学学年末テスト

 3学期の授業もだんだん少なくなってきました。今回の数学の授業では学年末テストを行いました。
 今回のテスト範囲は,割合,時刻と時間,冬休みの課題でした。
  
 返却が待ち遠しい人,楽しみではない人など様々なようです。これで1年生の数学のテストは終わりです。2年生でも頑張りましょう。

服飾デザイン 休暇村奥武蔵に行ってきました。

宿泊施設「休暇村奥武蔵」のお土産売り場に、服飾デザインコースで作った製品を置いてもらうことになりました!


それにあたって、今回は参加を希望した生徒たちが、直接施設を訪問しました。
今回の目的は、どんなところで販売するのかを知ることと、
製品作りで使用する材料の桜の枝を取ってくることです。
桜の枝は皆で協力して大きな枝から切り取り、学校に持ち帰りました。
 
その日の午後には煮出して、桜染めの準備を行いました。
 
販売させて頂くことを意欲にして、製品作りに取り組んでいます。

3月24日 入間わかくさ音楽部 スプリングコンサート 開催

もうすぐ卒業のシーズンです。今年度は老人ホームを訪問したり、高齢者・障害者ワークフェアに出演したり、埼玉県、そして東京都の合唱コンクールに参加したりしてきました。たくさん活動しましたが、今年度最後に、「スプリングコンサート」を開催いたします。
今年度3学年揃い、そして初めて卒業生が出ます。これまで活動してきた集大成を見ていただきたく、宣伝させていただきます。
ぜひご来場ください。

埼玉県立入間わかくさ高等特別支援学校音楽部スプリングコンサート
日時 平成31年3月24日(日)
   開場13:00 開演13:30
会場 入間わかくさ高等特別支援学校 5階研修室AB
   入場無料

 
音楽部演奏会ポスター(表).pdf
  音楽部演奏会ポスター(裏).pdf

お問い合わせは、音楽部顧問まで

職業学科2年生 高校生就職ガイダンス

先週14日、厚生労働省委託事業として
高校生就職ガイダンスが行われました。

「将来の‟自分”は、今の自分次第で変わります!」
というお話から授業がスタート。

今この時から、
自分からコミュニケーションを図っていくこと、
目標を意識して物事に取り組むことの大切さを学びました。

集団面接の練習では、課題を指摘し合いながら、励まし合い、
上手くできたときはお互いに喜び合う2年生。

将来、そして3年生に向けて、
‟今できること“に全力で取り組む姿が光っていました。
   

総合・道徳(選挙について)

総合・道徳では選挙について学習をしました。今回は3人の教員が立候補者となって、
演説をしました。その演説を聞いて政策の内容を聞いてから、自分が支持する党を決
め、投票しました。実際の投票箱を使って投票したり、本物さながらの投票用紙を扱
ったりするなど、本格的な選挙を体験でき、意義のある経験ができました。 
      

3学年調理実習

3学期・3学年の家庭科ではハンバーグの調理実習をしました。ハンバーグは、
初めて作った生徒も多く、楽しんで実習することができました。また、上手に中
まで火を通して焼いたり、蒸し野菜やコーンスープも作ったりすることができました。

          

茶房わかくさ

「ホットカフェオレ」の「ラテアート」です。皆様からのご注文をお待ちしています。
    
                                  
        どらえもん             ほっと笑顔              にこにこ笑顔

メンテナンス出張清掃

今日は、メンテナンス3年生で藤沢北小学校へ出張清掃に行きました。
藤沢北小は昨年に引き続いての清掃となりました。

今回は2階の廊下と階段の掃除です。

廊下は、ポリッシャーを使って床を磨き、その後にワックスをかけました。
清掃前よりもピカピカな廊下になりました。
 

階段は特別な機械は使わず、スポンジを使って根気強く汚れを落としていきました。
時間により、すべてはできませんでしたが、スポンジでこすったところはとても綺麗になりました。
 

小学生からは「掃除ありがとうございます」の声がたくさん聞こえ、生徒たちはとても頑張っていました。
生徒たちは、互いに声を掛け合い、小学生には「足元に気をつけてください」と声かけをし、「汚れが気になるのでもう少しさせてください」と自発的な発言も聞けました。まさに3年間の集大成を見ることができました。

食品衛生


先日、3年生のメンバーで新メニュー開発を行いました。
各自インターネットを使って自分の食べたいパン、作ってみたいパンを調べました。その中から何点か選抜し、試作してみました。
「オニオンブレッドの玉ねぎは、中に巻き込んだ方がいいか、外にトッピングした方がいいか」等、見た目や味のバランスを考えながら製作していきます。アイディアを出した3年生がリーダーとなり、自分たちが主体となって数種類のパンが焼きあがりました。数種類今後販売される予定です。お楽しみに☆

   
 きんぴらパン        栗のクリームパン     ベーコンエピ      オニオンブレッド       

2年「総合的な学習の時間」

先週は、「選挙」について学びましたが、
今日も、引き続き公民分野の内容を学ぶ特別プログラムに取り組みました。

その名も「わかくさ版人生ゲーム」。
生徒たちは班ごとにサイコロを振り、自分のコマを進めていきます。
途中、「就職する」で給与明細書をもらったり、「衆議院選挙に行く」でミシン目入りの投票券をもらったりと本物さながらのアイテムを受け取り、その説明を皆で読みながら進めていきます。
アイテムの中には本物そっくりの年金手帳や保険証も用意されています。

解説のときに「給料からこんなに税金が引かれちゃうんだ。」と一瞬、生徒たちが静まり返った場面もありましたが、生徒たちは主体的に「わかくさ版人生ゲーム」で学んでいました。

    

カフェわかくさ 2周年

カフェわかくさは2月1日で「2周年」を迎えました。
これからもよろしくお願いします。
今日は2年生が2周年企画として「ラテアート」に挑戦しました。
必ず毎回できるわけではありませんが、これから少しづつやっていこうと思います!
 
ちなみにラテアートは「ホットカフェオレ」に付きます。

卒業制作 作品紹介

早いもので、3年生の卒業まで約1か月となりました。そこで、3年生は今学期から
卒業制作に取り組んでいます。これまでに培った技術を活かして完成させた作品を少しだけご紹介します。

       
竹かごに和紙を貼ったあと        大きな一閑張りの完成!
3週間かけて柿渋を塗り…         

       
型紙を作って生地を裁断…          一から作りあげたTシャツの完成!

       
バイアステープのオレンジと          クラッチバッグの完成!
刺繍をアクセントに入れて…         

立派な先輩達の姿を見て、2年生も一生懸命に製品作りを行っています。

東京 春のコーラスコンテスト2019 出場報告

2月3日に音楽部は、東京都合唱連盟主催の「東京 春のコーラスコンテスト 2019」に出場して来ました。高等学校の部で参加している団体は、埼玉県からは3校で、千葉県、神奈川県など、近県からも参加できるコンテストです。
11月の文化祭終了後は、このコンテストに向けて冬休み返上で練習してきました。演奏曲は、夏の埼玉県合唱コンクールでも演奏した「初心の歌」そして、山崎朋子作詞作曲「明日の空へ」の2曲を披露しました。
何度も舞台での演奏を経験している部員たちは、夏と比べてもだいぶ落ち着いていました。当日練習でも非常に集中しており、本番もとても堂々とした演奏でした。
残念ながら入賞はできませんでしたが、この経験を礎にしてさらなる成長を部員一同頑張っていきます。
  
(会場北とぴあ)  (演奏終了後1)      (演奏終了後2)

3年 租税教室

3年生で租税教室を行いました。

所沢税務署を通じて税理士の先生が来校し、
税金の種類、使い道、日本の財政状況などを、
スライドで分かりやすく説明してくださいました。

また、卒業後に就職した時に、
給料からどのような税金が差し引かれるか、
見本の給与明細を見ながらみんな考えていました。

  

人権講座 LGBTとはなんだろう

1月15日火曜日 
入間市議会議員の細田智也さんをお招きし、職業学科の3年生にLGBTのお話をしていただきました。
3年生が社会に出るにあたり、いろいろな考え方にふれ、自分もまわりの人も大切にできるようにするためです。


LGBTといっても 自分の意識や好きになる人も多様とのこと。
学校の中には、男はこれ、女はこれという決めつけが多く、細田さんも違和感を感じたようです。




初めて聞く話、という生徒もいましたが、皆よく聞いていました。

1年生 数学

 職業学科1年生の3学期初めの数学の授業では「日本の色々な数字」について考えました。

 数字をホワイトボードに映し出し、写真や単位をつけながらヒントを出し、その数字が何を表しているか考えました。

   
 「634」はすぐに「東京スカイツリー」と反応できたり、「87.3」は「歳」と単位をつけることで「平均寿命」と答えることができたり、「603」は車両の写真を出すことで「リニアの最高速度」と即答する生徒もいました。

 数字だけでは何を表しているかわからないことが多いですが、単位をつけると見当がつくことを実感しました。数字を答える際には単位を忘れないようにしてもらいたいです。
 3学期の数学の授業の回数はあまり多くないですが、日常で使うようなことを多く取り入れていきます。

生産技術科 1年国語

 
今日は新年1回目の授業ということで、書き初めを行いました。
  
こんな簡単な字…と思われるかもしれませんが、実はペアで一画ずつ交代しながら
書き上げた作品です。一人で書いているかのように見せるには、二人で太さや大きさ
を合わせる必要があります。緊張で手が震える生徒が出るほど皆真剣に取り組んで
いました。
  

さいごは難易度を上げ、校歌に挑戦しました。立派な合作です。

職業教育フェア ビラ配り

今日1月11日(金)と12日(土)は、浦和のコルソで職業教育フェアが行われています。
接客サービスコースでは、ビラ配りを行いました。
寒い中、交代でビラを配りましたが、通りがかりの方々に声をかける難しさを学びました。
会場は多くの学校が参加し、見ごたえのある製品が並んでいます。
是非、ご覧ください。

  

メンテナンス

 新しい年となり3学期が始まりました。学校周辺のゴミ拾いの活動を行いました。高速道路脇の歩道、地下道、植え込みの中とに目を皿のようにして行いました。ゴミ袋6袋も出ました。
 今回初めて行ったのが高速道路入り口付近の地下道の清掃です。土埃や落ち葉、ゴミが散乱していたところを、ほうきで掃き清め、手すりをぞうきんで拭きました。
市民の方から「ありがとう」と言われ「うれしかった。」「きれいにできて良かった。」「公の場をきれいにできて、すっきりして気持ちが良い。」
「地下道の中描かれた落書きも消したい。」など感想がでました。

入間インター入り口周辺 地下道 生徒の様子