職業学科日誌

カテゴリ:国語

2年生 国語

2年生は今学期、スピーチ原稿に取り組んできましたが、生活体験発表会が終わり、新しいことを学んでいます。

今回は「新しい元号を作ろう」です。
日本の元号を振り返り、今までの元号を参考にしながら、それぞれが思いを込めて漢字を組み合わせて考えます。
その後、自分で考えた元号を筆で清書しました。

参考に、平成の元号が発表されたときの映像を見たので、気分はすっかり官房長官。
なぜこの元号にしたのかをクラスで発表し合い、対話的な授業となりました。

      

生産技術科 1年国語


今日は、パーツ(偏と旁)を合わせて漢字をつくるという授業を行いました。

最初は乗り気で無かった生徒達も、一つ二つと完成するうちに、「こんな漢字あったっけ?」
「先生来てください!」となるくらい盛り上がりました。知っている漢字の数に差は
あるものの、生徒同士で考えながら答えを探る姿が見られました。

授業終了後には、漢字検定を受けてみたいと話しに来てくれた生徒が何人かいました。
「やってみたい」を活かして、様々な挑戦をしていきたいです。

   

1年 生産技術科 国語


今日は、「3人でミッション~どこまで知っている?ことばの意味~」を行いました。

プリントを用いて、ことばの意味選びと、例文の穴埋めをします。
ルールはひとつ、3人で同じ答えにすること。
お互いで話しあってひとつの答えを導いてもらいました。

   

「私はこれだと思う!」「ここはこれがヒントかな?」「もうちょっとゆっくりやる?」
自分とちがう意見が出た時に、どのようにまとめるか。ひとりでは分からないことが、他の人の知恵を借りて「分かった!」になった。
今日の授業で学んだことを、様々な場面で活用してもらえたらと思います。

流通・サービス科3年 国語

職業学会 流通・サービス科3年国語では
「聞く・話す・読む・書く」事を中心に学習しています。
今はこの中の「書く」を重点的に扱い、硬筆検定5級の練習問題に取り組んでいます。
3年生は

・現場実習日誌
・現場実習お礼状
・履歴書

等の書類を書く機会が多いので、読みやすい字を書く事が大切になってきます。
生徒たちは読みやすい字を書く事を意識して頑張っています。

流通・サービス科 1年国語

入学して、一カ月以上が経過して、学校生活にも慣れてきました。

国語の授業では、「友達の長所探し」をしました。「おもしろいところ」「足が速いところ」「アニメのことをよく知っているところ」など、さまざまな長所を発見できました。

長所を伝え合う活動では、自分から積極的に「よろしくお願いします」「ありがとうございました」と声かけもできていました。担当教員も生徒の長所を発見できた一時間でした。

   

2年生産国語

国語では、対話による学びを取り入れています。

今日は、基礎的な漢字の学習をした後、アートカルタを使った学習をしました。
3人〜4人のグループに分かれてヒントを聞きながら芸術作品を見比べ、説明に従って該当するカルタを選んでいきます。新しいクラスにもそろそろなじんできた頃ということもあり、会話も弾みます。
「びょうぶって何? これのこと? 」「 ただの丸じゃないよ、これも文字だよ。」など、聞いていると、生徒たちは芸術作品を見ながら一生懸命自分の持つ知識を説明し合っています。

グループ活動を通して、主体的に「聞くこと」「話すこと」のトレーニングにつながる授業となりました。

  

1年流通・サービス科 国語


1年流通・サービス科の国語では、毎授業で漢字テストを行っています。
毎授業行ってきたことで、4月と比べると漢字の読み書きの能力向上のみならず、短時間で集中して課題に取り組む力も向上していきました。

今後も続けていくことで、作業能力の向上や気持ちの切り替えにもつながっていきます。
教科としての国語力向上を通して、社会に出てから必要になってくる力も培っていけると考えています。

流通・サービス科2年生の国語です。

流通・サービス科2年生の国語です。

大きく分けて二つの学習形態をとっています。

ひとつは、「書く」「読む」「聞く」「話す」といった生活に必要な力を高め、伝え合うコミュニケーション方法を学ぶ学習形態です。

例えば、短歌集から気に入った短歌を各自が選んでワークシートに清書し、選んだ理由を書き添えた後、小グループに分かれて短歌と理由の音読をします。そしてそれを聞いたグループ員が感想を書き、読み上げ、お互いの気持ちを伝え合う、といった学習などをしています。

もうひとつは、生涯にわたって能動的に学び続けられるようにする学習形態です。

例えば、教員と生徒が個別に相談して三つ(硬筆検定・日本語検定・漢字検定)の中から課題を選び、それぞれが個別ワークシートで自主学習・答え合わせをし、次の課題を見つけていく、といった学習などをしています。

生活体験発表会

「入間わかくさに入学して学んだこと、活かしていきたいこと」を3~5分間にまとめて発表するということを国語の授業で行ないました。
人の発表を聞き、お互いに評価をします。そしてクラス代表も決めました。
今日は各クラス代表の発表会を行いました。
さすがクラスを代表するだけのことはあり堂々とした発表でした。
様々な観点で生徒が評価をつけ、1学年2名・2学年2名が入間わかくさの代表として
さいたま桜高等学園で開催される「三校合同生活体験発表会」(わかくさ・さいたま桜・羽生ふじ)
で発表します。
 

1年国語

本日の国語は、介護等体験の大学生が来ていたこともあり、短い間ではありますが、授業で一緒に過ごすため、それぞれの自己紹介から始めました。


(自己紹介の様子)

その後、12月8日に“さいたま桜高等学園”で行われる予定の生活体験発表会(※各科・各学年1名)に向けて、作文の構成の仕方を学びました。

“各行事で学んだことを、どのように活かすか”ということを、前回の授業で行った“マッピング”を使用して行いました。

  
(介護等体験生も一緒に授業に。)