職業学科日誌

カテゴリ:服飾デザイン

ブランド『nisai』デザイナー松田直己さんによる講演

「障害者の生涯を通じた多様な学び推進事業」の取り組みとして、

ブランド「nisai」のデザイナー、松田直己さんを服飾デザインコースにお招きし、ご講演いただきました。

 

講演テーマは、

「専門学歴なし、独学でファッションを仕事にする方法」。

 

「本当に心から感動する出来事に出会わなければ、素晴らしい作品は生み出せない」という理念のもと、恋愛をテーマに、手作りで1点ものの作品を作り続けている松田さん。

 

生徒たちは、熱のこもった松田さんのお話を聞き、そして1点1点に想いの込められた服の写真や実物を見て、着て、楽しんでいました。

  

 

 

講演後、生徒からは

「今まで着た事のない服が着れて楽しかったです」

「デザイナーになるきっかけが『恋』と分かった時は意外でした」

「まず、感動できる程の何かに出会ってみたいです」

といった感想が寄せられました。

 

心がはずむ、刺激的な1日となりました。

 

 

服飾デザインコース「手提げバッグ」

生産技術科の服飾デザインコースでは、

様々な製品を製造しています。

その1つの手提げバッグは近隣の幼稚園・保育園に納品します。

2年生は手提げバッグの製造が初めてなので、

各工程を3年生に教わりながら作業しています。

規格通りの製品ができるよう互いに協力して進めていました。

 

服飾 3年生から後輩へ


3年生は今日が最後の専門教科の授業でした。
この3年間をふりかえり、後輩に伝えたいことをひとりずつ話してもらいました。
「苦手だと思っていたことが実は得意分野だと気づくこともあるから、やってみると
いいと思います。」「これからも良い製品を作ってください!」など、たくさんの
メッセージが送られました。最後まで立派な3年生でした。
    
2年生からは色紙をプレゼントしました。
先輩たちがつくりあげてきた服飾デザインコースをさらに良くしていこうと感じた1日でした。

卒業制作 作品紹介

早いもので、3年生の卒業まで約1か月となりました。そこで、3年生は今学期から
卒業制作に取り組んでいます。これまでに培った技術を活かして完成させた作品を少しだけご紹介します。

       
竹かごに和紙を貼ったあと        大きな一閑張りの完成!
3週間かけて柿渋を塗り…         

       
型紙を作って生地を裁断…          一から作りあげたTシャツの完成!

       
バイアステープのオレンジと          クラッチバッグの完成!
刺繍をアクセントに入れて…         

立派な先輩達の姿を見て、2年生も一生懸命に製品作りを行っています。

職業教育フェアにむけて


 帆布でつくるトートバッグ・ランチバッグ
  
   帆布のバッグは年間を通して作っています。肩からしっかりかけられるトートバッグと
  手軽に持てるランチバッグです。
  新作として白地に紺色のストライプのベルトをつけました。
  難しいベルト付けがありますが、今年も2年生が作れるようになりました。
                  トートバッグ 
  
  ラミネートのポーチ
   赤い花柄のポーチを作りました。作る回数を重ねるうちにラミネートでもすいすい
   縫える3年生が誕生しました!
    カフェわかくさでも販売します。是非、手にとってご覧いただけたらと思います。
                
   
    
                                      

服飾デザイン1年生


 1年生は、専門の授業で着用する作業着を入れる袋(作業着袋)を作成しています。
2学期は被服技術検定4級にも挑戦し、技術を磨きました。検定を乗り越え、手つきや作業効率が上達しました。すべて完成させ、流通・サービス科の1年生にも贈ります。最後まで丁寧に作っていきましょう。
  

服飾デザインの様子

服飾デザインの製品は「裏側こそ丁寧に」の気持ちで作業を行なっています。
写真はバックの裏側です。

本当に丁寧に縫っています。写真撮影をした教員はあまりの仕上がりに鳥肌が立ちました。


作業を行なったのは2年生です。定規を使用してきっちりと丁寧に作業をしています。
手前味噌ですが本当にすばらしい製品です。
製品は文化祭で販売します。または、カフェわかくさでも販売しています。
よろしければお買い上げください。

ファッションショーの練習

服飾デザインコースでは、ファッションショーの練習を行いました。
8月3日(金)、4日(土)にまるひろ入間店で行われる「わかくさサマーフェスタ」でのミニファッションショーの練習です。
もちろん作品も見事ですが、生徒たちのポージングは、こなれた雰囲気ですてきです。
どうぞ当日をお楽しみに。


    

デニムのブローチ


 6月に入り1年生もデニムのブローチの製作に取り組んでいます。
初めての製品づくりは2・3年生が一人ずつついてサポートしてくれています。
1年生からは「先輩が優しく教えてくれたので分かりやすかった。」などの感想があり、2.3年生の生徒もとても嬉しそうでした。教えることにやりがいを感じています。

         
     

新製品を製作しています


服飾デザインコースでは8月の「わかくさサマーフェスタ」に向けて新製品を製作しています。
本日紹介するトートバッグとランチバッグ(裏つき)はスペイン製の花柄の布です。
職業用のミシンを使い厚いベルトもしっかりミシンをかけ丈夫に仕上げました。

   トートバッグ  ランチバッグ

                     
この花柄は、女子にとても好評です。生徒達は作りながら「かわいいな、ほしいな。」と口々に言い、「買いたーい!」となります。ランチバッグは裏地もピンクです。工程は長くなっていますので、より思いをこめて作っています。皆さまにこの思いが届きますように。