職業学科日誌

カテゴリ:自立活動

1年生 自立活動


1年生の自立活動で「輪っか通し」を行いました。

輪っか通しは、生徒が手をつないで円になり、手を使わずに体を動かしてフラフープを一周させるというものです。

最初は、フラフープを一周回すのに苦労していました。
次第にコツをつかみ始め、より速いタイムを目標に取り組むことができました。生徒は、仲間とのコミュニケーションの取り方や相手への気遣いについて学ぶことができました。
        

自立活動の授業

3年C組の自立活動は、3時間目に映画づくり、4時間目に身体の動きを意識した運動という流れで授業しています。
 3時間目の映画づくりでは、ペアで協力しながら、映画の設定・撮影・編集まで生徒だけで行っています。オリジナルのキャラクターを登場させたり、撮影場所の明るさを考慮したりと生徒の工夫がたくさん見ることができる活動です。2学期の上映会に向けて、「観る人」の視点も意識した取り組みになるとよいと思っています。
 4時間目は、身体の動きを意識した運動です。今回は、バドミントン大会を行いました。「勝ち」にこだわりながらも、「任せて!」「ドンマイ」など相手を思いやる声かけも見られました。真剣勝負する中で、自分の身体にも意識が向けられたと思います。

    

1年生 自立活動

1年生では、自立活動の時間にリラックスヨガを行っています。
リラックスヨガを行うことで、生徒が自分と向き合う時間を作っています。
日常生活で疲れている体や心を落ち着かせることもできるため、生徒も真剣に取り組んでいます。



二人組で行うワークでは、二人で背中を合わせて手を組み、立つことに挑戦しています。最初は、なかなか立てませんでしたが二人で話し合い、呼吸を合わせることで立てるようになりました。二人組で立てたときにはハイタッチをして喜びを表現していました。

1年生 「自立活動」

1年生の自立活動では、「社会に一歩打って出る」ための勉強を行っています。
その一環として今日は、校内への挨拶回りを行いました。
前の授業に自己紹介で何を話すのかを生徒自身が考え、原稿を作成しました。
その原稿をもとに、いざ校内へ!!

校長室や事務室、保健室へ行き、自己紹介を行いました。緊張しながらも練習どおり自己紹介ができました。
普段は感じることができない緊張感を味わうことができ、いい経験になったと考えています。

1年自立活動

1年生の自立活動では、10月に入り、2時間ある授業のうち前半は、グループワークを行っています。

このグループワークでは、“すごろく”のような地図のなかにあるポイントを多く稼ぐという課題に取り組みます。

それぞれ2つのグループに分けて、様々な意見がある中で、“話し合いで1つの方向にまとめる”ということを目標に、「こっちに進んだら多くポイントが取れる」や「2パターン考えよう」と話し合う様子が見られました。

後半は、体育館で運動を行いました。
今回は、クラスを半分にしてドッジボールを行いました。
お互いにボールを投げられるように、パスしあう姿が見られました。

1年自立活動


1年生の自立活動では、1学期は「クラス紹介パラパラ漫画」作りに取り組んでいます。

  
(授業の様子)

クラス全員の自己紹介として、名前を工夫して書いています。


(パラパラ漫画作成の様子)

名前の文字に人文字を書き、動いているように見せかけたり、折り紙を切り抜いて字を出してみたりと、生徒によって表現は様々です。